読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盲目的な若さ

周りが見えてればいいことばかりかと言うと、

 

そうでもなさそうな気がしてきました。

 

僕は高校の頃、生徒会長をやっていたのですが、

文化祭を運営しているとき、

 

みんなのために仕事をしているという自信があったのですね。

 

 

でもよく考えてるとみんなが楽しめるようなルール作りって難しいので

誰もが楽しめるものなんて、僕が作れる訳なかったのにと思います。

 

僕は周りが見えてなかったので、みんなが楽しんでいるように見えたのです

 

それが返って良かったのだろうと思います。

 

誰かがつまらないことを、誰かが悲しむことを、

気にしていては、一歩も動けなかっただろうなあと

 

周りが見えていないからこそ、

最後まで僕が楽しんでやり切れたのかなと

 

 

あれこれ考えすぎて動けなくなるのは

視野が広がったというより

 

やらない理由を探すようになったからかもしれません。